両足同じ箇所にできる魚の目


今日は左右の足裏で同じところに魚の目ができ、痛みもあってお悩みだったお客様の施術写真をご紹介します。

足のちょうど真ん中の部分と小指の下の部分に魚の目ができています。

両足とも全く同じ場所なのです。
大きさもほぼ同じ。

 

足裏に魚の目ができていると「足裏のアーチのバランスが崩れているのですよ」とお話しすることがありますが、このお客様も同様です。

両足均等に魚の目ができているので、両足とも同じようにバランスが崩れてしまっているのでしょう。

 

本来、小指の下はしっかり体重が乗る場所ではありますが、足の中央部分はそうではありません。

しっかりと足裏のアーチがあれば、このように大きな魚の目ができることはないのです。

左右のバランスが同じことを、いいことのように考える方もいます。

しかし、一番良いのは両足ともトラブルがなくアーチがしっかりとある状態。

崩れたアーチを取り戻すための足指の体操、足に合うインソールの使用も検討されるとグッと良くなるはずです(^^)



関連記事

  1. かかとの魚の目

  2. 角質と魚の目

  3. 角質ケアするときの7つのお悩み…その①

  4. 魚の目も巻き爪も歩き方が悪いだけ?

  5. こんなに小さな魚の目だって痛みは強烈!

  6. フットケアやすりのお手入れ法