ヒールでできたたこ

今日も施術写真をご紹介いたします(^^)

足裏の指の下にたこができてしまった方を施術致しました。

 

この場所は「ヒールだこ」と言われることも多く、かかとの高さが高くなると負担がかかってたこができやすい場所です。

5センチ以上のヒールを履くと前重心になりたこができやすく、骨格も歪みやすいと言われています。

ヒールはもともと歩くための靴ではありません。

美しく魅せるための靴として生まれたので、ヒールで歩いていれば足にうたんが出るのは当然なのです。

服装はTPOに合わせて、と言いますが靴も同じように用途に合わせて選べると理想的ですね(^^)

 

ちなみに、海外の方は靴の歴史が長いため、足をいたわることが当たり前になっています。

ドレスアップする時はヒールですが、そのたは体のためにスニーカーなどで過ごされる方が多いようです。

 

日本は靴の歴史がまだ100年ほどで後進国なので、靴の知識が大人でさえ不十分と言われています。

変えのない自分の足を日々いたわれるようになると足もきっと喜びますね(^^)



関連記事

  1. 魚の目写真

    たことうおのめの違いとは?

  2. たこと魚の目、両方あって足裏が硬い…

  3. かかとをカッターで削った結果

  4. タコと魚の目の違い、見分け方

  5. 足にできたイボの見分け方

  6. 足の角質除去!つるつるになる足裏の削り方とポイント