【魚の目原因】一度できた魚の目はなくならないの?

⁡病院で「できたらまた来てください」
と言われました。

魚の目は一度できたら
一生このままなのでしょうか?

⁡こんな質問をいただきました!⁡


魚の目は”難治性”と言われていて
直すのが難しいとされています。

病院で
「治らないよ」
「できたら削ればいいから」
と言われたことがある、と言う人が
ブライトフットのお客様にも多くいます。



魚の目のできる原因は
そもそも圧迫や摩擦が
繰り返し起こること☝️

足のアーチが崩れて
本来圧迫を受けないところが
刺激され続ける。

足のむくみや靴のサイズが原因で
歩くたびに摩擦がかかり
刺激され続ける。



このような事が原因で
体を守ろうと硬く、厚くなる
防御反応と言われています。

だから角質や魚の目をただ削るだけでは
「せっかく硬くしたのに!」
「これじゃ守れない!もっと厚く!」
と体は対応していくわけです🙄

うまくできてますよね〜😮



これ以外に
角質や魚の目が硬くなる原因としては
間違ったホームケアです☝️

なかなか鋭い刃物を使って
自己流ケアをしている方がいますが😂
それが厚くなる原因だったりしています。



体は自己防衛機能が働くからこそ
ケガを未然に防ぐことができます。

熱いものに触れた時
自然に手を引っ込めることも

足にトゲが刺さって
とっさに足を上げるときも

自己防衛機能が働いて
反射的に避けています。



これが魚の目や角質になると…
どうでしょう?

ちょっと無理して
足に合わない靴を履いたとき

長時間歩き続けたとき

その日の痛みや疲れ、
些細なことだと思ってしまいますね。

でも体は
「このままでは危険かもしれない…!」
と先回りして対応しているのです😊



さらに、ここに加えて
足のアーチが崩れていたら大問題😱

歩くたびにクッションとして働く機能が
全く働いてくれないのですから
疲れも痛みもどんどん増える…

そりゃあ体も硬くなるのに
必死になるわけです😂😂😂



魚の目だけでなく、
足トラブルは原因を探すことが
最も重要です☝️✨

今回長くなったので【原因編】として
お届けしているので
結果、魚の目は治らんのかい!
どーなんだい!という
モヤモヤを残したまま終わります。笑

【対策編】では
魚の目改善に有効な手段を
お伝えしますのでお楽しみに🥰

━━━━━━━━━

ガサガサかかと、魚の目、巻き爪も!
全部おまかせください!

 

 

予約はこちらから

 

━━━━━━━━━

足トラブルを解消して
生涯歩ける足づくり

千葉県柏市フットケアサロン
Bright  Foot

JR・東部アーバンパークライン
柏駅 徒歩10分
(柏市役所より徒歩1分)

 

営業時間
月火9:00~17:00
木日祝9:00~20:00

定休日
水曜、その他

━━━━━━━━━

予約はこちら!

休業日のおしらせ

公式LINE登録はこちらから

インスタグラム



関連記事

  1. 足にできたイボの見分け方

  2. ほんの少しのかかとの角質なら 早く削ってしまおう!

  3. 足の小指の魚の目

  4. 痛みと症状の違い

  5. 親指の角質は外反母趾予備軍&○○

  6. 指の下にできた角質と魚の目