指の間の魚の目

おはようございます!
相田です!

今日は指の間にできた魚の目にお悩みの方の足です。

指の間にできる魚の目は痛みが強く感じやすいのですが…なぜだかご存知ですか?

痛みが強い理由

そもそも魚の目は骨の関節にでき、角質増殖した芯がくさび状に関節に向かって伸びていき痛みが出るのが特徴です。

指の間に魚の目ができた場合、足裏よりも皮膚が薄い足趾はクッションの作用も当然少ないため、関節同士がこすれ合い痛みが出やすいのです。

長い間皮膚が擦れ合っていると痛みは増していき、芯の周囲が赤くなったり、膿んだりすることもあるので早めの対処をお勧めします!(^^)



関連記事

  1. 魚の目写真

    たことうおのめの違いとは?

  2. 足の指が動かないのは魚の目のせい…??

  3. 魚の目とたこが同じ場所にある

  4. 魚の目を放置しているとどうなる?

  5. 魚の目を削るのは痛くない?

  6. 魚の目が痛くて歩くのが苦痛です