今すぐ始めよう!足裏の角質ケア

こんにちは(^^)
ブライトフットの相田です!

今週末で桜も見ごろが終わってしまいますね。

まだまだ気温の不安定な日が続きますが、少しづつ暖かくなってきましたね~(^^)

 

春はフットケアのご予約が増える時期!

今のまま素足になるのは恥ずかしい!と準備し始めるのですね(^^)

その気持ち、とってもよくわかりますー!!

 

夏目前にフットケアをされる方もいますが、夏じゃ遅いんですよ~( ノД`)
角質はすぐに硬くなりやすいのです…

そんなこと意識したことありますか??

 

今日は春から角質ケアした方がよい理由をお話ししますね(^^)

足は顔の〇倍角質の厚みがある!

夏よりも春から角質ケアをした方がいい理由はちゃんとあるのです!

あなたは「お肌のターンオーバー」って聞いたことありますか?

これは肌が生まれ変わる周期のことです。

 

肌は表皮・真皮・皮下組織と3層になっていますが、角質は表皮の一番上の層にあたります。

角質層は場所によって厚みが違います。

顔は0.02ミリと言われていますが、足裏のかかとはその100倍!
2ミリ角質層があるといわれており、お肌のターンオーバーの周期は120日です。

120日でサイクルが正常になる…と思うと、春にケアして保湿などのホームケアをすることでやっときれいなお肌を維持できるようになるということです。

角質は一度に削りすぎない

こんなお話をすると、2ミリの角質層をすべて削って早くきれいにしたい!という方がいるのですが、それは逆効果です!

 

角質は肌を保護する機能もあるため、一度にたくさん削りすぎると防御反応で硬い角質を作ろうとします。

特に足裏は歩くたびに刺激を受ける場所ですから、一度で削る量は「最初よりも柔らかくなったと感じる程度」にとどめて、保湿重視のホームケアに切り替えましょう(^^)

 

たことなっている硬い角質の改善には時間がかかります。

保湿だけでなく、靴の履き方や歩き方まで影響を及ぼしていますので、まずは角質ケアをしてフットケアサロンで正しいケアのアドバイスをいただいてくださいね(^^)



関連記事

  1. 足の歪みは体の不調を招く引き金

  2. 【老眼爪切り】プロに切ってもらう3つのメリット

  3. 夏に多い足の悩み

  4. 靴屋さん巡り【飯田橋・Podia】

  5. 買ってはいけない靴、3つの特徴

  6. ガサガサかかとを改善する3つのポイント