並んでできた魚の目

今日は指の下の3つ並んでできた魚の目ケアのご紹介です(^^)

 

魚の目は骨の関節やゴツゴツとした部分への衝撃を守ろうと体にできます。

指の下にできた魚の目は中足骨の部分への衝撃が強いという証拠でもあります。

特にこの部分は指が曲がる位置なので体重もかかりやすく、足裏のアーチも崩れやすいのでトラブル多発の場所!

ぴったり合う靴を履いていないと、骨の位置が崩れていきやすいので要注意です。

 

魚の目が痛くないからいいや〜と思っていても、実は骨格の歪みが引き起こされているサインでもあります。

魚の目ケアが足全体のケアのきっかけになると体が喜んでくれるはずです(^^)



関連記事

  1. 足の小指の魚の目

  2. 足裏が痛いのはなぜ?3つの理由を解説します。

  3. 痛くないパンプスの選び、5つのポイント

  4. タコと魚の目の違い、見分け方

  5. 魚の目とたこが同じ場所にある

  6. 魚の目の薬 芯はちゃんととれる?