ヒールの高さと角質の関係

今日は角質ケアしたお客様の足をご紹介します(^^)

指の下の角質はいわゆる「ヒールだこ」と呼ばれているものです。

かかとの高い靴を履くと、前重心になり指の下の広い範囲で角質がついてしまうのですね。(^^)

経験のある方も多いのではないでしょうか?

ヒールの高さを高ければ高いほど悪い…と感じている人もいますが、体の構造上8センチ以上のヒール靴の体への負担は一定だそうです。

8センチだろうが、10センチだろうが変わらないのですね。(^^;

靴の問題はヒールの高さだけではありません。

「足に合わない靴」こそが問題。

つま先の形・幅・長さ・かかとの細さなど。
いろんなことが関与して歩いた時の影響してい来るのです。

あなたは自分の足の特徴をりかいしていますか?(*^^*)

カウンセリングでのご相談いつでもお待ちしております!



関連記事

  1. 足の乾燥が改善しない2つの理由

  2. ヒールでできたたこ

  3. 角質が消えた!

  4. 親指の横にタコができる人は〇〇な人

  5. 魚の目写真

    たことうおのめの違いとは?

  6. 足にできたイボの見分け方