足裏中央にできた魚の目

今日は足裏の前足部(ぜんそくぶ)にできた魚の目でお困りの方の施術写真です(^^)

 

一見、魚の目の芯は見た目が小さいですが痛みがある時は芯は体の内部にまで達し、深部まで硬くなってしまっています。

魚の目の痛みが引くのは比較的早く、ブライトフットでは1回の施術で痛みがなくなる方がほとんどです。

しかし、魚の目の芯は肌の再生サイクルを待って肌内部の芯が表面に来た時に数回削る必要があるのです!

市販薬を使って「すぐに再発した」という方はこのメカニズムを理解できていないことが多々あります。

 

また、削るだけでは今ある魚の目に対してのケアのみとなります。

これから芯を奥深くに作らないよう予防の対策もドジにする必要があります。

足の体操やインソール、靴下を使用するなど様々な方法がありますが、あなたの足にあったケア方法をお伝えします(^^)

魚の目を再発しないようにしたい!という方は是非私にご相談くださいね(^^)



関連記事

  1. 親指の側面に魚の目

  2. 角質と魚の目を同時ケア

  3. 小趾球の魚の目

  4. 魚の目とたこが同じ場所にある

  5. 並んでできた魚の目

  6. 歩くたびに芯が痛い魚の目