秋になると足トラブルは増える!?

朝晩涼しくなって肌寒いくらいですね(^^)

秋の訪れを感じます。

おしゃれな人は、どんなブーツを買おうか?検討しているころでしょうか(^^)

夏から秋に変わると、靴もガラッと変わりますね。

サンダルからパンプスへ。
ショートブーツやブーティーも。

素材もファーやスエード生地などワクワクして目移りしてしまいますね〜♡

新しい靴を買う方も多いと思いますが、昨年履いていたお気に入りを今年も履こうと思っている人はちょっとまって!

そのままでは足のトラブルをたくさん作る靴になってしまうかもしれません!!

去年の靴がトラブル靴に!?

去年の靴履いてみたら、なんだか足に合わない気がする…という経験はありませんか?

去年の状態のまま維持されていると思ったらそれが大間違いなのです!

 

靴箱に入れたままの靴、オフシーズンのケアはしていましたか?

衣替えをした時に、洋服をしまう時には除湿材を使うのに靴に使っている人はあまり聞いたことがありません。

靴の生地も湿気を含むと履いていなくてもダメージを起こします。

さらにいうと、履いた靴の湿気を十分取らずに靴箱にしまってオフシーズンを過ごしてしまっては大変。

湿気で繁殖した菌が匂いを生み、下駄箱に悪臭の元をしまっている状態になります。

 

雨の日だけでなく、普段の靴から湿気対策を行い、シーズン終わりにはより入念に湿気対策をする必要があります。

もししていなかったあなたは生地が痛んでいたり、湿気を含んでいたために伸びやすい状態になっています。

緩くなったらインソールなどで調整すれば足トラブルがすぐにできることできることはありません。

季節が変わって履く靴が変わると、こういう問題からトラブルが急増します。

緩くなった靴をそのままにせず、ぴったり靴に再調整して楽しくおしゃれを楽しみましょう!(^^)



関連記事

  1. インソールは靴と足の柔軟性を見る

  2. 爪の中の汚れ

  3. 「足をもみましょう!」という本について

  4. 爪の紫外線対策

  5. 痛みと症状の違い

  6. 足のタコが消えない理由