爪の食い込みは正しい爪きりからなおす!

今日は爪が食い込んで痛みが出ているお客様の爪の写真です。

爪はもともと巻く性質がありますが、巻きが強くなる原因の一つとして爪の切り方が間違っている、ということがあります。

巻き爪の方が皮膚科に行くと「爪を丸く切っちゃいけないよ」とよく言われるようです。

これはちゃんとした理由があります。

巻き爪はもともと巻くと知ること

最初にお話ししましたが爪は自然と巻いてくるものです。

これは例外なく、どなたも同じです。

さらにいうと、爪の日頃のお手入れだけでなく歩き方や靴の履き方を間違えると爪が巻く原因になります。

サロンにいらしたお客様の中で巻き爪で痛みが出ている方には巻き爪補正を提案させていただきますが、爪の形の切り方だけでも改善できるケースは多くあるのです。

 

今回は正しい爪の形を知らずに巻き爪になってしまった方でしたので、正しい爪の形にケアさせていただきました!

丸く切ると巻き爪になってしまいますが、スクエアオフという角の丸い四角にきりそろえることが大切です。

切ってみると、爪が食い込んで皮膚が下がっていたのがよくわかりますね。

歩き方と靴の履き方のコツもお伝えしたので、今後は痛みが出ないでしょうね(^^)



関連記事

  1. 巻き爪にならない爪の形

  2. 夏に多い足の悩み

  3. フットケアサロンの爪切り2

  4. すぐに爪の広がりを感じる

  5. バレずに巻き爪補正

  6. 爪にできた白斑