爪が隣の足に刺さってしまう

今日は人差し指の爪が親指に刺さってしまい、どうやって切りそろえたらいいのか…とお悩みのお客様の施術写真をご紹介します(^^)

 

まず正しい爪の形ですが、角の丸い四角形・スクエアオフという形が理想的だと言われています。

この形は歩行時、最後の一蹴りをする時に指先に力を伝えるための形です。

この形に切らずにいると巻き爪のリスクが高まります。

家で爪を切るときはなるべくこの形に整えるよう意識してくださいね(^^)

 

普段から意識してスクエアオフに整えていると、たまに爪が隣の指に刺さってしまうことがあります。

これは指が曲がっている人ほどこうなってしまいます。

指の伸びている方向、歩行時に圧力がかかる方向に向かって爪は伸びていくからです。

 

指が曲がっていれば爪が曲がる。
爪が曲がれば隣に刺さる。

改善するためにはまず足の指をまっすぐにすることが大切なんですね(^^)

爪のことだけど改善のポイントは指をまっすぐにすること!
同じように悩んでいる方はぜひ覚えておいてくださいね(^^)



関連記事

  1. フットケアサロンの爪切り1

  2. 小指の横のできた角質

  3. 欠けた爪のケア

  4. 甘皮がない爪は美しい

  5. 巻き爪リスクの高い爪

  6. 伸びない爪