指の下のたこ・うおのめ

今日はたこの中に魚の目も一緒にあったお客様のケア写真をご紹介いたします。

角質を削ると中から魚の目の芯がくっきりと現れることがあります。

皮膚表面にさかなの目のような芯が見当たらないため「角質が痛いんです」とおっしゃる方もいるのです(^^)

 

魚の目の芯がある場所は、関節の上であることが多く、芯が奥深くに入り込むため痛みが強いのが特徴です。

たこのある場所は、骨の面の部分があたり中に入り込む芯ではなく表面に膨らんでできるたこになるのが特徴です。

 

どちらもすぐにきれいになくなるかというと難しい部分ではありますが、痛みの改善は1度でできる方がほとんどです。

また魚の目よりもたこの方がしぶとく長期にわたってできると言われています。

 

魚の目もたこもまずはできている原因を見つけ出し、正しい改善方法を選んでいくことが重要です。

改善方法がわからない方はぜひご相談くださいね(^^)

 



関連記事

  1. 小指の下の角質

  2. 角質ケアの最適な頻度とは?

  3. 小指の上の魚の目

  4. 母趾球の魚の目

  5. かかとをカッターで削った結果

  6. 足裏のタコと魚の目