指の下にできた角質と魚の目

今日は指の下にできた角質と魚の目の施術写真をご紹介いたします。

こちらのお客様は自分で削っても削っても繰り返しこの部分にできる角質にお悩みでした。

実はこの部分は足裏の中で一番角質と魚の目ができやすい場所!

なぜだかわかりますか?

本来角質はつきにくい部分

足裏のこの部分は私が一番サロンでケアしている部分だと思います。

それほど角質と魚の目のできやすい場所でもあるのです。

それはなぜか?

本来この部分は角質はできにくい部分なのです。

 

足裏にはアーチというものがあります。

この3本のアーチが歩く時のクッションとなり、体への負担を軽減しているのですが、横アーチと言われる部分は特に崩れやすいアーチです。

横アーチの一番高い部分である頂点は、足裏の中では2番目の指の下にあたります。

先ほどのお客様の足を見てみるとどうでしょうか?

2番目の指の下に角質と魚の目ができていますね。

本来、頂点となるこの位置は圧迫や摩擦が起きにくい部分ですので角質がつくことはないのです。

7割の女性は横アーチ崩れを起こしている

女性の中で実に7割の方の横アーチが崩れているそうです。

ここに角質が付いていることが不思議に思わなくなる数字ですね^^;

しかし、このアーチ崩れの何がいけないのか。

それは横アーチの崩れは外反母趾につながるからです。

外反母趾の始まりは横アーチ崩れ

外反母趾はみなさん一度は聞いたことがありますよね?

外反母趾は骨の変形です。

一度変形が始まると再発を予防するか、最悪歩行困難になれば手術をすることもあります。

「母親が外反母趾なんですけど、私もなりますか?」と不安そうに質問されることも多々あります。

外反母趾の始まりは、今日のテーマでもある横アーチの崩れです。

簡単にいうと、横アーチの崩れが靭帯を緩ませ、骨の支えが不十分になり変形につながる。ということです。

横アーチの崩れ自体をなんとも思っていない方が多いのですが、「外反母趾の一歩目ですよ」というとみなさん焦り始めます^^;

 

サロンではお金をかけずにコツコツやることで外反母趾予防になる体操や、今すぐできるアーチ補正に付いてのお話もしています。

ネットに溢れる情報が必ずしもあなたの足に合うとは限りません。

心配な方は、フットケアサロンや足と靴の知識がある方に相談してみてくださいね。(^^)

 



関連記事

  1. 大きなたこと魚の目

  2. 親指の横にタコができる人は〇〇な人

  3. 両足同じ箇所にできる魚の目

  4. 小指下、繰り返しできる魚の目

  5. 足裏中央にできた魚の目

  6. 指の間にできた魚の目