夏に受けた足のダメージ

こんにちは!
ブライトフットの相田です(^^)

9月になり、涼しい時間も少しづつ増えてきましたね!

サンダルもそろそろ終わりだな…と感じる頃ではありませんか?

季節の変わり目はお肌のダメージが出やすいことは女性ならご存知ですよね。
足も例外ではありません。

お肌には再生サイクルがあります。
そのサイクルを正常にしてこそ生き生きとした美肌が保たれるのです。

冬になってもガサガサしない足元作りは秋からスタート!

今日は夏から秋に変わるこの時期、気をつけておきたい足のダメージについてお話しします。

夏のダメージとは

何気なく過ごしていてもダメージは着実に体に受けています。

紫外線や素足で起こる乾燥はダメージ大!

夏前に比べて、
・爪周りがカサカサしていませんか?
・かかとがゴワゴワになっていませんか?
・指の下の皮膚がささくれだっていませんか?
このようなことでお悩みの方が増える時期です。

乾燥を改善するには毎日の保湿が何より重要です!

保湿クリームの必要性

足の保湿クリームはなんでもいいと思っていませんか?

ハンドクリームやボディクリームで代用したり、顔に塗って余ったもの足に塗る…
なんて「ずぼらケア」になっていたりしませんか?

足には足のクリームを選ぶ理由がちゃんとあります。

足には足のクリームが必要なわけは「足の皮膚が厚いから」

足裏は体重を支えるため、皮膚の層が厚くできています。

手や顔の皮膚よりも厚いため専用のクリームを使わないと浸透しづらいのですね。

代用されやすいクリーム

フットクリームの代用で一番多いのがボディクリームです。

ボディクリームは成分の中にワセリンやグリセリンが含まれます。

ワセリンやグリセリンは鉱物油と呼ばれます。

潤いを与えるためにはこの鉱物油が入っていないものを選ぶことをオススメしています。

それはなぜだと思いますか?

鉱物油とは?

石油由来の油のことを、鉱物油といいます。

石油からプラスチックなどを作る際に出る油のことです。

鉱物油は、精製して、工業用油、燃料油、化粧品などに広く使われています。

こんな風に聞くと「鉱物油は体に悪いのではないか?」と考える人が多いのですが、精製技術が高まった今は鉱物油の安全性は高いと言われています。

化粧品に使われている鉱物油の代表は「ワセリン」ですが、酸化しにくく安定していて不純物が含まれないため、多くの人にとって肌への刺激が少ないワセリンは医薬品の材料になっています。

一概に、鉱物油だから悪い、植物油だからいい、とは言えないのです。

それでも鉱物油をオススメしない理由

鉱物油は安全性が高いとされていてもオススメしない理由はその特徴にあります。

鉱物油は皮脂とはまったく異なる化学構成をしていますので肌へ浸透はしません。

肌表面に膜を作り、外部の刺激から皮膚を守ることが目的だからです。

 

傷口を守り、湿潤させるためにワセリンを使うことや赤ちゃんのお肌を保護するためのベビーオイル(こちらも鉱物油です)は、この皮膚を守るという目的は安全で安価なため多く使用されています。

ただし、足の乾燥を改善させるためには、皮膚を柔軟にしてくれる成分を皮膚の奥の層へ届けることが大切なので浸透してくれるクリームを使う必要があります。

浸透してくれるフットクリーム

鉱物油が含まれないクリームを選ぶ大切さを少しわかっていただけたと思います。

ではどんなものが入ったクリームを選べばよいのでしょうか?

私のオススメは「アラントイン」が含まれるクリームです。

アラントインとは?

アラントインは、19世紀頃に牛の羊膜の分泌液から発見された成分です。

羊膜とは、子宮の一番内側にあり、羊水を保持している薄い膜です。
どれだけ安全性の高い成分かお分りいただけるかと思います。

アラントインの特徴は
・消炎鎮静作用
・修復賦活(ふかつ)作用
・抗アレルギー作用、があります。

消炎鎮静作用

アラントインには、肌荒れや皮膚炎の炎症を抑え、細胞の分裂を正常な状態に整える作用があります。

ニキビの治療薬にも含まれていて、ニキビ跡にも効果が期待できる成分です。

修復賦活(ふかつ)作用

お肌の組織を修復し、活性化させる作用のことです。

肌の新陳代謝を促進し、新しい表皮細胞を増やしてくれるので、角質などの古い細胞が自然と剥がれ落ちやすくなり、肌のキメを整えてくれます。

抗アレルギー作用

アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)の影響から肌を守る効果が期待されています。

アラントインを配合したクリームを使用した試験では、アトピー性皮膚炎の患者99名のうち78.8%に症状の改善が見られたという報告もあります。

 

アラントインは荒れたお肌の修復と肌再生を促してくれる成分が配合されているため、足裏にも効果的なのです。

お客様にも愛用者多数!おすすめクリーム

私がサロンのお客様にもオススメしているクリームが、フットケア先進国ドイツのジクタスというブランドのフットクリームです。

 

高純度のアルペンハーブを配合したジクタスの商品には、天然成分が70%以上配合されており、もちろんアラントインも含まれています。

鉱物油が入ったクリームが多い中、アラントインを含む有効成分の多いこちらのクリームはお客様にも好評です(^^)

角質の上からは有効成分が浸透しづらいので、角質ケア後にお使いください。

肌サイクルの正常化がつるつる足の鍵

肌に積もった角質層を削るだけでは角質はまたできてしまいます。

乱れた肌の再生サイクルを正常に戻してこそ、触り心地抜群な足裏を維持できるのです。

夏から秋に変わり始めるこの時期から角質ケアをすることで、冬の乾燥やひび割れを起こさない足になれます!

ぜひ今日から保湿を始めましょう(^^)



関連記事

  1. 今年のサンダルトレンド

  2. 5種類の外反母趾

  3. 健康の始まりは足から

  4. 秋になると足トラブルは増える!?

  5. 巻き爪にならない爪の形

  6. 足裏の皮膚が寝具にひっかかる