健康の始まりは足から

こんばんは!
ブライトフットの相田です(^^)

今日はカウンセリング中にお客様が驚く話を少し(^^)

 

私たちの体は超優秀な作りをしています。

私たちが無茶して体を動かしても耐えられる。
ケガしたって回復する。
熱が出たら自然治癒力の力を発揮する。

何かあっても対応できる超優秀な作りをしています。
しかし、負担が何もないわけではありません。

何もないところでつまずきやすくなったり、ケガの回復は遅いし、年々風邪をこじらせやすくなっている…

みなさん、悲しいけれど自分もそうだと頷いているはずです。

 

ではここでカウンセリングでいらしたお客様の話に戻します。

足裏の角質や魚の目の位置、巻き爪の程度や形状を見れば、普段どんな歩き方をして体のどの部分に負担がかかっているかはすぐわかります。

それは足だけに留まる話ではありません。

 

足裏のバランスの悪さが足首の動きを悪くする。

足首が動きづらいとその上の関節である膝や股関節の負担も大きくなる。

すると骨盤を歪ませ姿勢を保とうとするので背中が曲がりやすくなったり、腹筋を使わない歩き方になってしまう…

これ頭のてっぺんにまで話は繋がるのです。

 

足をみて
「腰痛ひどいですよね?特に左」
「骨盤の歪みがひどいから肋骨周りのエクササイズしてください」
「首が右向きに回らないと思うんですけど…」
そんな話をよくします。

「えー!足からこんなことがわかるんですね!」と言っていただきます(^^)

 

足は足だけの問題と思っている方が多く、そうではないことを一人でも多くの方に知ってほしいし、知って初めて体全体の健康を考え始めると思うのです。

足のトラブルは足だけじゃないんだよ。
体全体の問題なんだよ。
ということをたくさんの方にお伝えしていきたいという想いがずーーーっとあります(^^)

足をつかなきゃ歩けませんから。
足から体全体を見直すのは健康を見つめ直すいいきっかけなんです(^^)



関連記事

  1. 足裏の皮膚が寝具にひっかかる

  2. ウイルス性の魚の目?

  3. 魚の目 原因・取り方・予防

  4. 足のタコが消えない理由

  5. 「足をもみましょう!」という本について

  6. サンダル前の足のお手入れ