セール靴、購入時のここだけは押さえたいポイント

こんにちは!
ブライトフットの相田です。

本格的な夏を前にすでにセールが始まっていますね^^

皆さんはセールで靴を買う派ですか?
サイズの豊富なセール前に買う派ですか?

「セールでサンダルを買ったけれど…
家で試し履きをしていたらなんだか不安になってきて…」
とお客様が購入したてのサンダルをもって来店されました。

「この靴どう思いますか?」と質問されたので同じようなお悩みの方がいらっしゃれば参考にしていただきたいと思って回答をつらつら書いていこうと思います!^^

その靴の不安なところはどこですか?

サロンに来てるお客様には靴の選び方もたくさんお話しするので、「この靴はいい靴だろうか?」と悩む方も多いと思います。

買ってしまった靴でもこれから買う靴でも、靴のどこに不安があるのか?をまず明確にするとよいです。

 

「履いているうちに伸びますよ」という言葉をうのみにして買って、足が痛くなる経験はだれしも一度はあるはず。

特に覚えておいてほしいことは、縫い目は伸びないということです。

 

生地の材質によってゆるみやすい素材などはありますが、絶対何をしても伸びない場所の1つが靴の縫い目。

ここがこすれて違和感がある靴は対処しようがありませんから購入は控えた方が無難です。

 

もし買ったとしても足が痛くなる靴は長時間履けませんよね。

出番が少なくなったり…結局近所のお出かけ靴になってしまいます。

セールで買った靴も合わなければ高いお買い物だと思いませんか?

少ない試着時間でも違和感のある靴は買わない選択を!

デザインに負けて買ってしまうと、その靴が原因となり皮膚のトラブルや骨格の変形が進んでしまうかもしれません。

足に良い靴を選ぶためコツひとつ、縫い目の部分がすれて痛い靴は買わない

これをよく覚えておいてくださいね^^



関連記事

  1. 買ってはいけない靴、3つの特徴

  2. 高島屋でフィッティングチェック!

  3. ガサガサかかとを改善する3つのポイント

  4. 痛みと症状の違い

  5. 足裏、もみほぐしていますか?

  6. 足のタコが消えない理由