かかとをカッターで削った結果

今日はかかとケアにいらしてくださったお客様の足をご紹介します。

施術前の写真が上、施術後が下です。

ガタガタだったかかとがツルツルになりましたね(^^)

 

今回お客様は自宅でのケアでカッターを使っていました。

電動のフットケア用ヤスリが出てきたので、カッターやハサミを使ってケアする方が減ってきたように思いましたが、まだまだ根強い人気ですね^^;

カッターやハサミは危険なので使用は控えてくださいね…

 

カッターやハサミを使わなければきれいになれるか、と言うとそうではありません。

どんなケアグッズを使っても「凹凸のないツルツルの触り心地」に整えなければ角質はすぐについてしまします。

 

カッターで削っただけのお肌は、デコボコしていて溝ができてしまうはずです。

それをそのままにしておくと、凸の部分が擦れやすくなるため角質がつきやすくなるのです!

きれいにしたつもりでも、そのあとどんどん角質が溜まってしまう状態です。

 

かかとを滑らかにするコツは、使用するアイテムの目の粗さをどんどん細かくしていくこと!

目の粗いヤスリ→細かいヤスリ→スクラブ→保湿の順番です(^^)

ご自宅でケアしても一向にきれいにならない方はぜひヤスリの目の粗さやアイテムを見直してみましょう(^^)



関連記事

  1. 親指下の角質

  2. 魚の目とたこが同じ場所にある

  3. 角質ケアするときの7つのお悩み…その①

  4. ささくれのような角質

  5. 大きなたこと魚の目

  6. 魚の目写真

    たことうおのめの違いとは?